spacer
宗派 spacer 天台宗 真言宗 浄土宗 浄土真宗 臨済宗 曹洞宗 黄檗宗 日蓮宗
大師イラスト 大師イラスト 大師イラスト 大師イラスト
spacer
spacer
天台宗
宗 祖 伝教大師最澄
spacer
■ 本山 京都、滋賀、比叡山延暦寺
spacer spacer
spacer
本 尊 法華経に説かれる永遠不滅の真理である仏は時と場所に従って、釈迦、如来、菩薩、または不動明王などいろいろなお姿であらわれ、衆生を救済してくださるので、それぞれの信迎に基づき、それぞれの仏(如来)、菩薩、明王を本尊としています。
spacer
教 養 法華経こそ最高の教えで、法華経を読み、写し、保持し、解説することこそ最高の信迎の道であるとします。
spacer
法華経を誦して憾悔すれば、すべての罪は許され、仏の世界に入ることができると信じます。
spacer
spacer
真言宗
宗 祖 弘法大師空海
spacer
■ 本山 和歌山高野山、金剛峯寺
spacer spacer
spacer
本 尊
真言宗の本尊は曼陀羅です。
spacer
曼陀羅は釈尊の悟った真理の世界を画像、形、文字、立体的な仏像の集合の中に表現したものです。
spacer
曼陀羅の諸尊諸仏は非常に多いので、あらゆる仏、菩薩、明王が、曼陀羅として本尊になります。
spacer
教 義
真言宗ではこの世界のあらゆるものは地、水、火、風、空、識の六要素からなっていると教えています。
spacer
その全てのものは大日如来からあらわれ、その悟りの内容と悟りへの通を具体的に表わしたものが曼陀羅です。
spacer
曼陀羅を観じ、身、口、意の三点から行じ、この身そのまま仏に至る、即身成仏を基本としています。
spacer
spacer
浄土宗
宗 祖 法然上人源空
spacer
■ 本山 京都知恩院、光明寺
spacer spacer
spacer
本 尊
阿弥陀如来(観音菩薩、勢至菩薩をはべらす阿弥陀三尊)
spacer
教 義
どんなに罪深い者でも、阿弥陀如来の力にすがり、唯ひたすらに南無阿弥陀仏と唱えることによって救われると説きます。
spacer
spacer
浄土真宗
宗 祖 親鸞
spacer
■ 本山 京都西本願寺、東本願寺、仏光寺。三重専修寺。
spacer spacer
spacer
本 尊
阿弥陀如来
spacer
教 義
人は全て弥陀の本願によって救われているので、たとえ悪人であっても肉食妻帯の在俗のまま、すでに弥陀の世界にあると説いています。
spacer
spacer
臨済宗
宗 祖 栄西
spacer
■ 本山 京都妙心寺、南禅寺。鎌倉建長寺。
spacer spacer
spacer
本 尊
釈迦牟尼如来を中心としますが、緑に応じて、薬師如来、大日如来、観音菩薩、達磨大師、臨済義玄の像を本尊とします。
spacer
教 義
座禅の実践を通じ釈尊の心を体得しその修行は「看話禅」といって臨済宗独特のもので、座禅を組み、大声で叱咤され、棒で打たれ、まさに身をもって悟りを開いてゆきます。
spacer
spacer
曹洞宗
宗 祖 承陽大師道元
spacer
■ 本山 福井永平寺。横浜総持寺。
spacer spacer
spacer
本 尊
釈迦牟尼如来
spacer
教 義
坐って坐って坐りぬく、ただひたすら坐る座禅そのものが悟りである、と徹底する「只管打坐」を中心とします。
spacer
これを「黙照禅」とよび、臨済宗の「看話禅」に対します。
spacer
spacer
黄檗宗
宗 祖 真空大師隠元
spacer
■ 本山 京都黄檗山福寺。
spacer spacer
spacer
本 尊
釈迦牟尼如来
spacer
教 義
禅に念仏を取り入れ、我々が悟りを得られるのはこの一仏だけである、と一心に念仏公案する禅風です。日本の禅風と異なる禅浄一味は、法式も明朝風であり、まったく異なる印象を受けます。
spacer
spacer
日蓮宗
宗 祖 立正大師日蓮
spacer
■ 本山 山梨身延山、久遠寺。
spacer spacer
spacer
本 尊
「南無妙法蓮華経」の七文字と七文字のまわりに十界や諸専の名をかいた大曼茶羅が正式です。
spacer
教 義
教、機、時、国、序を五綱として自覚反省し、そのうえで、久遠実成の釈迦牟尼仏に向かって「南無妙法蓮華経」と唱えればそこが理想社会であるから、みんなで唱えることが仏の世界の実現への唯一の手段であると説きます。
spacer
spacer

メニューへ
spacer